自分にあった育毛剤

自分にあった育毛剤を選ぶには、きちんとその成分を確認して購入することが必要です。育毛剤のメインとなる成分が3つあり、それぞれに作用がありますから自分にあったものを選んで用いることで、効果を感じられるようになります。そして、逆に自分にあっていないものを用いると、効果が感じられないどころか逆効果で頭皮の状態が悪化したり髪の毛が弱くなったりしますから、必ず自分の症状とそれにあったものを選ぶようにしましょう。

血行を改善させる成分として、ミノキシジル、塩化カルプロニウム、センブリエキスが有名です。これらは、毛根へ栄養が行き届かなくなっていたり老廃物がたまっている際に用いると効果を発揮します。次に、毛母細胞に栄養を行き渡らせる成分としてビタミン類、アミノ酸、オウゴンエキス、オトギリソウエキスがあり、これは直接的に栄養を与えることで毛髪が生えて来やすくなります。男性ホルモンの過剰分泌を抑えるのにはフィナステリド、エストラジオールが挙げられます。

どれが良いのかわからない場合、喫煙者や運動不足、肩こりがひどい場合には血行不良、遺伝的に薄毛が多い家系ならば、男性ホルモン、生活習慣や食習慣の乱れは栄養不足が考えられるので、毛母細胞に栄養補給、というのが簡単な目安になります。ただし、薄毛というのは複合的な原因が考えられますから、一つの成分に絞らずバランスよく成分が合わさったものを選ぶのも一つの方法です。

薄毛と育毛剤の種類

一言で薄毛と言っても、薄毛にも原因が複数ありそれによって効果の出る育毛剤の種類も変わってきます。髪の毛が薄くなっている人には前の方が薄くなっている人と頭頂部が薄くなっている人もいます。このように髪の毛が薄くなってくる部分も人によって異なりますが、頭皮や髪の毛の状態も人によって異なります。乾燥が激しく頭皮が痒くなる人もいれば、脂ぽくなり髪の毛がテラテラとする人もいます。このような、それぞれの症状に合わせて適切なシャンプーや育毛剤での対策をすることがとても重要です。

薄毛の原因には、男性ホルモン、生活環境や食生活、ストレス、遺伝、様々なことが影響してきます。生え際や両サイドが薄くなるM字に薄くなっている場合には男性ホルモンの分泌が多いことが原因なことが多いので、育毛剤の成分としては男性ホルモンを抑制するものを選ぶのが望ましいです。頭頂部が薄くなっている場合には、頭皮環境を整えることで改善をすることができます。

若いうちから起こる薄毛は、皮脂分泌によって毛穴が詰まって血行が悪くなって栄養が行き渡らず髪の毛が細くなったり抜けやすくなったりすることが原因であることが多いです。フケや老廃物が頭皮や毛穴に詰まることで皮膚が炎症を起こして肌が赤くなって痒みが出ることもありますから、そのような時には皮膚科で薬を処方してもらい頭皮を清潔に保つことが必要です。

薄毛と育毛剤

ここ数年、男性の薄毛のことがテレビや雑誌、様々なメディアで特集されるのを見かけます。昔は年をとれば遺伝で自然と髪の毛が無くなっていくものだという考えが当たり前でしたが、最近では若年化も進んでいますし薄毛家系の人でなくても髪の毛が少なくなって悩んでいるという人も増えています。早い人は20代のうちから髪の毛が減り始め、少しずつ地肌が目立つようになっていきます。このような症状を自覚していたり悩んでいたりする人は男女合わせて4000万人を超えており日本人の30パーセント近い人たちが悩んでいるとされています。

そこで、最近では症状が出る前に早い段階から予防をしようという動きが強まっています。育毛効果のあるシャンプーや整髪料を用いたり、早いうちから育毛剤を用いて抜けにくい強くコシのある髪の毛を育てようとしたり、人によって様々なケアをしていますしそれに対応出来る商品も多く販売されています。

ホームセンターやドラッグストアのシャンプーやヘアケア用品のコーナーに行くと育毛剤や育毛シャンプーの品揃えに驚く人も多いものです。商品の数も多いですが価格帯も広く、その特徴も様々であることからどれを選べばよいかがわからないということもよくあることです。自分に合ったものを選ばなければ効果が期待できないだけでなく、逆に頭皮や髪の毛を傷める心配があります。そこで、ここでは自分に合った育毛剤を選ぶために確認すべきことを紹介していきます。