薄毛と育毛剤の種類

一言で薄毛と言っても、薄毛にも原因が複数ありそれによって効果の出る育毛剤の種類も変わってきます。髪の毛が薄くなっている人には前の方が薄くなっている人と頭頂部が薄くなっている人もいます。このように髪の毛が薄くなってくる部分も人によって異なりますが、頭皮や髪の毛の状態も人によって異なります。乾燥が激しく頭皮が痒くなる人もいれば、脂ぽくなり髪の毛がテラテラとする人もいます。このような、それぞれの症状に合わせて適切なシャンプーや育毛剤での対策をすることがとても重要です。

薄毛の原因には、男性ホルモン、生活環境や食生活、ストレス、遺伝、様々なことが影響してきます。生え際や両サイドが薄くなるM字に薄くなっている場合には男性ホルモンの分泌が多いことが原因なことが多いので、育毛剤の成分としては男性ホルモンを抑制するものを選ぶのが望ましいです。頭頂部が薄くなっている場合には、頭皮環境を整えることで改善をすることができます。

若いうちから起こる薄毛は、皮脂分泌によって毛穴が詰まって血行が悪くなって栄養が行き渡らず髪の毛が細くなったり抜けやすくなったりすることが原因であることが多いです。フケや老廃物が頭皮や毛穴に詰まることで皮膚が炎症を起こして肌が赤くなって痒みが出ることもありますから、そのような時には皮膚科で薬を処方してもらい頭皮を清潔に保つことが必要です。